マイナス金利でどうするか

黒田さんのバツーカ3は世の中では不評のようです。
しかし、もともと預金金利はないようなもので銀行預金をマイナスにすることはないのでは?と思いますが16日の始まる前から大騒ぎです。
日銀はデフレ脱却を目指していますが、円高はデフレ要因ですし株安もマインドを冷やしますから方向が逆です。
銀行に預金しているひとが、定期預金の代わりにその銀行の株を買えば年4%の配当利回りが得られます。株式投資のリスクは信用リスクと価格変動リスクですが、信用リスクで株と預金の違いは預金保険での保護があるか?価格リスクは元本保証か?ですがどちらも現在の状況を考えればリスクは取りうるものではないかと思っています。
また、日銀がインフレを目標にしているのだから不動産リートも投資先として十分魅力があると思います。
インフレにならなければ、この国の経済はいきずまりその先のは望まない急激な円安になって望まないハイパーインフレになるかもしれません。
どちらにしても現預金の価値は目減りすることになると思います。
ここからは、個人投資家がファーストペンギンになって貯蓄から投資へ飛び込んでいくことになるでしょう。
そのことを先に気が付いた人とそうでない人がこれから数年で大きな差が生まれてくると思います。
しかし、これは格差拡大ではなく勇気を出してリスクをとったものとそうでないものの差ではないでしょうか?
政治で言えば、自民党と民主党のようなものだと思います。
文句を言ったり、批判をしていても前進はありません。
チャレンジしてこそ、道は切り開かれると考えています。
(※)投資は読者ご自身で判断ください

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック